どうすればいいの?子どもの為の教育資金どうすればいいの?子どもの為の教育資金

子供は欲しいけど、どの位教育費がかかるのか不安です。

教育費は人生の3大支出の一つ。

相談に来られる方の中にも、お子さんにかかる教育費を心配して、子供は1人がいいのか2人でも大丈夫なのかを考えるために、家計の将来的な収支のシミュレーションを希望される方がいらっしゃいます。教育費は人生の3大支出の一つですので心配なのも頷けます。
教育費がいくらかかるのか、文部科学省の調査資料がありますので参考までに見てみましょう。

平成24年度1年間の学習費総額

幼稚園から高校まで、公立と私立に分けて1年間にかかる学習費がでています。この表を見ると、公立の場合は学校にかかるお金は、97,232円(小学校)~230,837円(高校)となっており、平均で1か月あたり1万円~2万円の出費で済んでいます。この位であれば生活費の中でやりくりしていけるのではないでしょうか。

一方で塾やお稽古事の学校外活動費は家庭によって異なります。公立進学でも高校受験・大学受験のために塾に行かせる場合は中学3年・高校3年時に費用が膨らみます。
大学進学希望者を大学の定員が上回る「大学全入学時代」を迎え、気になるのは大学でかかる費用です。大学4年間でかかる費用は、入学金・授業料・施設設備費の合計で、国立大学で242万円、私立大学は学部によって異なりますが、法学部・商学部・経済学部で377万円、理学部・工学部で488万円(平成23年度日本私立学校振興・共済事業団調べ)です。これに教科書代、通学定期代がプラスされ大きな費用になりますので、大学の進学費用は子供が小さな時から積み立てておくなど予め準備が必要です。

しかし、大学・専門学校への進学を希望するのであれば日本学生支援機構などの奨学金で子供に負担させる、あるいは私立大学に行ってプラスになる分は子供に負担させると考えている方もいらっしゃいますので、その時点で家計に余裕があれば親が負担してあげるというような心持でもいいように思います。

 「わが家の場合はどうなの?」「もっと詳しく知りたいな」と思ったあなたには「家計ドック診断」をオススメします。

お問合せ資料請求フォーム

相談予約申込フォーム

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載